Bandoalphaのざっ記ー学位商法問題

主として米国発の真正でない学位や大学などの、所謂「ディプロマ・ミル」、「ディグリー・ミル」の問題を取り上げています。 当ブログ記載事項の著作権は著作者に帰属します。無断での引用は、法の定めるところに則り、各人の責任において御自由にされて下さい。 御意見などございましたらこちらへ。 Bandoalpha@msn.com  Toshi Hino/檜野俊弘

クレイトン大学

ある結末・・・PBUの仏滅

「Pacific Buddhist University (PBU)」と言うのがあるそうだ。

正確には「あった」と言うべきだが、これもハワイ州に事業登録のみ行なって、学位などを発行(販売)する類の”大学”である。

州の事業登録情報を見ると、法人設立は2006年6月2日となっているからまだ新しい。

http://hbe.ehawaii.gov/cogs/details.html?t=MSTR&fn=215895+D2

マーケットとなる日本に於いては、NPOとして「特定非営利活動法人 パシフイック ブッディスト ユニバーシティ」というのが2007年1月に設立されている。

http://www.pbu.or.jp/index.html

このNPOは、フジテレビ他のマスコミでも取り上げられて話題となり、閉鎖に追い込まれた「クレイトン(Clayton)大学 日本校」の理事長であった吉田次郎が設立者であり、NPOの住所、「東京都中央区築地四丁目4番14号 ラフィネ東銀座514号室」は、かつてのクレイトン大学日本校である。

http://www.npo-hiroba.or.jp/ (検索名: パシフィック ブッディスト ユニバーシティ)

http://www.news.janjan.jp/world/0510/0508281585/1.php

ハワイPBUの”学長”John F. De Virgilioは、かつてヘーゲル国際大学ハワイ校の”学長”でもあったというから、この類の”日本系米国大学”の運営には経験があるのだろう。

吉田次郎と”パートナー”としてお互いに意気投合したというところか。

http://khon.at.infoseek.co.jp/daigaku/hiu.html

Dr. John F. De Virgilio学長は、ご専門は何かと思ったら、どうやらカンフーを教授しているようである。

http://www.wingchunkeun.com/index.html

「パシフィック ブッディスト ユニバーシティ」と言うのは、閉鎖に追い込まれた「クレイトン大学」が、名を変え体裁を変えて再来したものということになる。

ブッディスト(仏教)と入れたのは、憲法で保障された「宗教の自由」を盾として当局の追及を躊躇させる目論みであったろうか。

PBUはハワイ州からディプロマ・ミルだとして早々に訴訟されている。

2008年1月25日付けで自主廃業を申し出ているものの、先日判決(STIPULATED FINAL JUDGMENT)が下されている。

1. This court has jurisdiction over this matter and the parties hereto pursuant to Hawaii Rev. Stat. Chaps. 446E,480,487 and 603 and venue is proper herein.

2. Plaintiff's Complaint states claims against Defendants upon which relief may be granted under Hawaii Rev. Stat. Chap. 446E and Hawaii Rev. Stat. § 4802(a)

3. Defendants, their officers, agents, servants, employees and those persons in active concert or participationwith them who receive actual notice of this order by personal service or otherwise, are hereby restrained and enjoined from failing to comply with the requirements set forth herein.

4. Defendants shall be responsible for making the substantive terms and conditions of this judgment known to their officers, directors, successors, managers, employees and those persons associatedwith Defendants who are responsiblefor implementing the obligations set forth in this judgment.

5. Defendants shall not effect any change in their form of doing business or organizational identity for the purpose of avoiding the terms and conditions contained in this judgment.

6. Unless otherwise specified herein, this judgment shall take effect on filing with the court. The receipt or deposit by the Office of Consumer Protection of any monies pursuant to this judgment does not constitute acceptance by the Office of Consumer Protection and any monies received will be returned if this judgment is not executed by the Office of Consumer Protection or the court.

7. Defendants shall immediately cease conducting any and all business activities relating to the operation of any unaccredited degree granting institution. Defendantsfurther agree that they shall not claim to operate any unaccredited degree granting institution under the color or authority of the laws of the State of Hawaii. Upon entry of this judgment or earlier, Defendants shall take whatever steps that are necessary to voluntarily dissolve Pacific Buddhist University as provided for in Hawaii Rev. Stat. Chapter 414D.

8. Defendants be and are hereby jointly and severally liable to provide a full refund to any consumer as set forth herein. Upon entry of this judgment, Defendants shall notify all persons who were awarded degrees or paid any monies to Pacific Buddhist University subsequent to January 1, 2006 in writing that they are entitled to full restitution (conditioned only upon the return of any diploma awarded). Said notice shall be in a form agreeable by Plaintiff and shall also notify the recipients of their rights under Hawaii Rev. Stat. § 480-13. Defendants shall provide a full refund to any recipient requesting one by certified check within fourteen days of receipt of the request for such and the return of the diploma, if applicable. In the event Defendants fail to make restitution as required herein, Defendants agree, in addition to all other payments required herein, to pay the Office of Consumer Protection civil penalties in the amount of One Thousand Dollars ($1,000.00) for each consumer who does not receive full restitution as required and set forth herein.

9. Defendant Pacific Buddhist University be and is hereby liable to Plaintiff in the amount of Five Thousand Dollars ($5,000.00) for civil penalties, attorney’s fees and costs of investigation pursuant to Hawaii Rev. Stat. § 480-3.1.

10. Defendant John F. De Virgilio be and is hereby liable to Plaintiff in the amount of Five Thousand Dollars ($5,000.00) for civil penalties, attorney’s fees and costs of investigation pursuant to Hawaii Rev. Stat. § 480-3.1.

11. Defendants hereby agree that they shall, in addition to all other payments required by and in this stipulation, pay Plaintiff fifty per cent (50%) of any monies which it receives, or which it would be entitled to receive, from any third parties, based upon claims made arising out of the matters set forth in the Complaint. This would include, but not be limited to, any monies received from any insurance carriers or professionals rendering legal advice. Any such payments shall be made promptly upon the receipt of said monies by Defendants.

12. Defendants shall promptly provide to the Office of Consumer Protection upon request, proof of any action(s)required to be taken by the Defendants pursuant to the terms of this stipulated judgment.

13. Under no circumstances shall this document or the name of State of Hawaii, the Office of Consumer Protection, Department of Commerce and Consumer Affairs, or any of their employees or subdivisions be used by Defendants in connection with any selling, advertising or promotion of any product or service. The parties understand that this document shall not be construed as an approval or sanction by the State of Hawaii of Defendants’ business practices. Nothing in this document shall be construed to permit or make lawful any act, practice, or course of conduct prohibited or made unlawful by Hawaii Rev. Stat. Chaps. 446E, 480 or any other law.

14. This court shall retain jurisdiction of this case for the purpose of enabling any of the parties to this stipulation to apply to this court at any time for further orders and directions as may be necessary or appropriate to carry out or construe this stipulation, to modify or terminate any of their provisions, to enforce compliance, and to punish violations of its provisions. If it shall be made to appear to the court that there has been a violation of any of the terms of this stipulation, upon motion, this court may enter an order to show cause why Defendants should not be found in contempt.

Nothing in this document shall bar Plaintiff from seeking, or the court from imposing, against Defendants or any other person any other relief available under any other applicable provision of law for violation of this document, in addition to or in lieu of the civil penalties provided for above.

15. No claims remain against any party. Any remaining claims, and/or parties be and are hereby dismissed without prejudice.

Dated: Honolulu, Hawaii. March 6, 2008.

http://hawaii.gov/dcca/areas/ocp/udgi/lawsuits/PDU/PDU_final_judgment.pdf

1項から6項までは、適用法、訴追要件の是認、被告への拘束力、被告の当判決への責任明示、法人形態変更による逃避行為の禁止、判決発効基準、といったことであり、やはりメインは7,8,9,10項になるだろうか。

被告は、非認定学位発行機関に関係する全ての事業行為を即時停止せよ。

さらに被告は、ハワイ州に於いて、いかなる非認定学位発行機関の運営をも為さざる事。

当判決の発効時もしくはそれ以前に、被告は州法414Dに基づく、Pacific Buddhist University(PBU)自主廃業の何らかの手続きを為せ。

被告はすべての消費者に全額返済の責務を負う。

被告は、2006年1月1日以降PBUの学位を得た若しくは金銭を支払った全ての者に、全額返済(受けた学位の返還を条件として)を為す由の通知を書面にて為せ。

通知文は原告の同意を得、かつ州法480-13の消費者の権利を記す事。

被告は、学位を返還し金銭返済を要求して来た全ての通知者に対し、要求受領後14日以内にCertified Check(支払い保障小切手)にて返済を為せ。

被告は、返済義務を怠った場合に於いては、他の全ての返済金のほかに、ここに定める金額返済を受け得なかった消費者一人につき$1000を制裁金として州消費者保護局へ支払う事に合意するものとする。

被告PBUは、制裁金として$5000、弁護士費用及び州法480-3.1に基く調査費用を原告に支払え。

10

被告John F. De Virgilioは制裁金として$5000、弁護士費用及び州法480-3.1に基く調査費用を原告に支払え。

11項には被告が保険など第三者から受け取る金銭が発生する場合、その50%を原告に支払うことが謳われているが、自主廃業後に収入は発生しないと思われるが、保険契約などで所謂「焼け太り」の工作があった場合への対応というところだろうか。

12項以降は、情報の開示・提出、州機関名・当判決の利用の禁止、法権利の留保云々といったところか。

PBUの訴訟には現地”学長”のJohn F. De Virgilioが被告として含まれるが、それ以外の訴追要件はイオンドと同一である。

http://hawaii.gov/dcca/areas/ocp/udgi/lawsuits/PDU/

http://hawaii.gov/dcca/areas/ocp/udgi/lawsuits/ionduniversity/

被告PBU弁護士はRobert Kawamuraだが、これはイオンドの弁護士でもある。

偶然の一致と言うよりは、こうゆう世界はこうゆう世界で、お互いに何がしかの繋がりがあるということなのだろう。

Robert Kawamuraは、交通事故の倍賞などを成功報酬ベースで扱っている弁護士であり、”安い”と言う以外の理由は見当たらないようだ。

http://hoohiki2.courts.state.hi.us/jud/Hoohiki/main.htm (PBUのケースID.は、1CC071001805 IONDのケースID.は、 1CC071001671)

ハワイやカルフォルニアは、「緩い」のだと言う。

http://en.wikipedia.org/wiki/Diploma_mill#United_States_of_America

州による大学などの設立審査が殆ど無く、極めて容易に大学の「設立登記」が出来る州ということだが。

かくしてハワイ州などに、大学を”設立”し、非認定校ではあるものの、博士、修士、学士などの”米国学位称号”を、それも日本やアジア諸国といった”母国”で発行(販売)するという、学位商法業者による、「ペーパー・ユニバーシティー」が林立することとなる。

ハワイ州当局はこれらを一つ一つ訴訟し、潰しているが

http://hawaii.gov/dcca/areas/ocp/udgi/lawsuits/

他の殆どの州のように、大学などの高等教育機関の設置については最低限のところの審査や規準を定め、更にはディプロマ・ミルは違法行為との明確な州法を整備すれば、学位商法業者も寄り付かなくなるのだろうが、この辺は、其々の州の文化や考え方ということもあるだろうか。

九州産業大学のケース

この大学の対応がまた解らない。

ニセ博士号を使用した大学教授のことが新聞やTVで取り上げられ、社会で騒がれるようになると、国立大学でも渋々ながら重い腰を上げて対応措置をとるが、私立大学では週刊誌沙汰になってようやく事の重大さに目覚め、仕方なく対応するようである。

本年(2008年)1月25日の産経ニュースによると、

『教授は公に認められている正規の学位と思い込んでいたという。九産大は「博士号は教授採用の必須要件でないが、学位に関する認識が甘かった」とした上で、教授に今後、この博士号を一切使わないよう厳重注意した』

とマスコミを通じて謝罪することになる。

http://sankei.jp.msn.com/life/education/080125/edc0801252237002-n1.htm

これで一件落着したように見えるかもしれないが、

悪かったのは教授だけなのか?との疑問が残り、何か釈然としないものを感じる。

教授の言い分は、「公に認められている正規の学位と思い込んでいた」と言い、

大学の言い分は、「博士号は教授採用の必須要件でない」と言う。

つまり、どちらも悪くない、むしろ被害者、と言わんばかりである。

これが、大学人としての大学当局および教授の、ニセ学位問題に対する認識なのであろうか。

ニセ博士の教授は主要新聞や週刊誌の報道で叩かれ、一定の社会的制裁を受けると共に、

大学からは「今後、この博士号を一切使わないよう」にとの厳重注意の懲戒処分を受ける。

ところが、懲戒処分を言い渡した大学当局(学長)は、何の責任もとってはいない。

学部教授や大学院教授の採用・昇任の実質的権限は、各学部や各大学院研究科にあるから、学長には直接の責任は及ばない、との見方もあるかもしれない。

しかし、問題の教授が無役の平教授ではなく、学部長や大学院研究科長の役職者であった場合には、役職者は学長直属の大学執行部のメンバーであり、執行部の長であり任命権者としての学長の責任は免れることはできないであろう。

若し、学長が、疑わしい博士号を有する教授であることを知りながら、これらの要職を任命していたとすれば、もはや弁解の余地はないであろう。

九州産業大学の場合、大学当局が問題の教授が疑わしい博士号を有していた事実を数年も前から知っていたことを窺わせる疑惑が大学のホームページに掲載されている。

その疑いを示唆する内容は、大学が大学基準協会に提出した申請書類の中に見られる。

大学基準協会から相互評価認定を取得した後の、平成18年度自己点検・評価報告書には、秋山哲男教授の最終学歴及び学位称号欄には、

「クレイトン大学大学院経営学研究科経営学専攻博士課程単位取得終了 Ph.D.(経営学)」

と記載されているのに、

http://www.ip.kyusan-u.ac.jp/info/hyouka/h18/c/04_02_02.pdf (69ページ)

大学基準協会へ認定審査のために提出した、平成16年度自己点検・評価報告書には、

「茨城大学教育学部卒業」

とのみ記載され、クレイトン大学大学院の学歴と博士号は記載されていない。

http://www.ip.kyusan-u.ac.jp/info/hyouka/h16/c/04_02_02.pdf (74ページ)

これだけでは疑惑の証明にはならない。

大学基準協会への認定審査の申請をした前年の、平成15年度の報告書にクレイトン大学博士号の記載がなければ、削除したことにならないからである。

調べていただいたところ、平成15年度版(62ページ)には、

「クレイトン大学大学院経営学研究科博士課程単位取得満期退学 Ph.D.」

と、多少表現は異なるものの平成18年度版とほぼ同じ記載があるという。

こうゆう書類で単なる誤植ということもないだろうから、九産大当局は秋山哲男教授のクレイトン大学博士号が非公認学位であることを認識していて、相互評価認定を取得するにあたり障碍になると見做し、認定審査のため大学基準協会へ提出した平成16年度 自己点検・評価報告書では削除していた疑いが濃くなろう。

週間現代01/26号の記事、「ニセ博士疑惑・現職大学教授25人の実名と言い訳」のなかで、九産大の秋山哲男教授のみが唯一『週1回の論文指導、3年で論文提出。雑誌記事を見て、もっとも信頼できそうなので入学した(大学が代理回答)』と、本人のコメントでなく”大学が言い訳を代弁”しているというのも随分と奇妙な話である。

九産大のサイトには、大学ニュース欄に2008年1月25日付けで「新商学部長と新大学院商学研究科長の決定について」と言うのが出ているだけで、この件に関しての説明等は一切無い様である。

http://www.ip.kyusan-u.ac.jp/news_backnumber.php

大学には学術研究と教育の最高機関としての社会性というのがあるのだろうし、私学と言えどもそれなりの公的資金(皆の税金)が投資されている所以でもあろう。

九産大・造形短大を運営する中村産業学園には、H18年度で国庫等公的補助金は11億5900万円ほどだろうか。

http://www.ip.kyusan-u.ac.jp/gaiyo/pdf/h18pdf/h18_syushi_shikin.pdf

九産大当局が若しニセ博士と知っていて、問題の教授を商学部長兼研究科長に任命していいたとすれば、大学の信用を大きく損なう不正行為であり、その社会的責任は大きい。

説明が要るところであろう。

学位の発行機関である大学は、学位問題については、自ら厳しく律してこそ最高学府の大学であり、運営の健全さと透明性を堅持してこそ末永く大学であり得るということだろうが。

九州の産業大学のケース

指摘されているところが鋭く、色々と考えさせられるので、其の侭掲載させて戴く。

●学歴汚染の恐ろしさの典型例

ニセ学位による学歴汚染が広がるとわが国の高等教育がどれほど歪められてしまうかを示す典型的な具体例が九州の私立大学の場合である。

問題のA教授は米国のクレイトン大学日本校で博士号を取得し、大学院の長である研究科長まで登りつめた人である。

それほど優秀な人なら何もニセ博士号を取得する必要が無かったのではないかと誰しも思うだろう。

確かに、著名なエジプト学者の場合はそうであるかもしれない。

しかし、A教授の場合は違うことが、研究開発支援総合ディレクトリ(ReaD)を見れば分る。

1) 取得学位欄を見ると、学位取得大学名は明記されていないが、経営学博士(課程)と記入し、

また、著者紹介では、クレイトン大学大学院経営学研究科博士課程単位取得(経営学Ph.D)と

大学院博士課程を修了していることを記載していた。

2) 出身学校・専攻欄は何も記入されていないが、著者紹介では、茨城大学卒と記載していることから、日本での学歴は、大学院の学歴は無く、大学学部の学歴のみである。

3) A教授がニセ博士号を履歴等に記入しなければ、学歴は大学卒、学位は学士となり、余ほど優れた研究業績が無い限り、学部教授、いわんや、博士論文の指導ができる大学院マル合教授には到底なれない筈である。

4) そこで、研究業績(論文、解説)欄を見ると、9件記入されているが、

民間会社の研究所や大学・研究所の紀要などに掲載された論文ばかりで、

日本の学会や国際学会の学会誌に掲載された論文は皆無である。

1) では、日本の学会に入会していなかったのかと、所属学会欄を見ると、6つの学会に所属していることが分る。

日本商業学会 (国内) 、 経営情報学会 (国内) 、 日本流通学会 (国内) 、 日本観光学会 (国内) 、

日本産業科学学会 (理事 、1995 、国内 ) 、 フードシステム学会 (理事 、2002 、国内 )

2つの学会では理事まで務めているが、所属学会の学会誌に1つの論文もないのに、理事に成れるのも理解に苦しむ。

つまり、6つの学会に所属しながら、学会誌に投稿するチャンスは多々ありながら、学会誌掲載の論文が皆無である。

大学院生ですら、課程博士の論文審査を申請するためには、学会誌論文が必要であり、

しかも、レフェリー付である論文が、文系では1件以上、理工系では2件以上、必要であるからである。

結論として、A教授が博士号を採用・昇任時に履歴等に記載しなかったならば、

その当時において大学院マル合教授適格となることは絶対にあり得なかったであろう。

更に、ニセ博士号が判明した現段階においても、大学院Dマル合教授に成れない事は、正規の博士号を取得した人には明々白々である。

不適格となると、ニセ博士号を有する人が正規の博士を養成するといった由々しきことになる。

A教授がこれまで論文指導して授与してきた学位の有効性はどうなるのか、

と学歴汚染の恐ろしさに慄然とする。

このような教授の存在が明らかとなったことは、学歴汚染のこれ以上の広がりを防ぐことが出来る機会となり、文科省による今回の非公認学位調査は、非常に大きな成果を残したといえるのではないだろうか。

注1.研究開発支援総合ディレクトリ(ReaD)の現在の記述からは消去したようだが(http://read.jst.go.jp/public/cs_ksh_012EventAction.do?action4=event&lang_act4=J&judge_act4=2&code_act4=1000210204)、以前は、「経営学博士(課程)」と記載していた。

注2.著書での紹介例

「秋山哲男[アキヤマテツオ]

1943年茨城県生まれ。1966年茨城大学卒業後、クレイトン大学大学院経営学研究科博士課程単位取得(Ph.D)。民間商社取締役、公益法人研究所主任研究員、等を経て2000~2001年米コーネル大学客員フェロー。九州産業大学商学部・大学院商学研究科教授。日本産業科学学会副会長」

https://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?USID=&W-NIPS=9981992984

注3.週間現代の「ニセ博士疑惑、現職大学教授25人の実名と言い訳」(208/1/26)には、下記のコメントがある。

「週1回の論文指導、3年で論文提出。雑誌記事を見て、もっとも信頼できそうなので入学した(大学が代理回答)」

注4.週間朝日の「学歴汚染が国を滅ぼす」(2008.2.1)には下記の記述がある。

「九州産業大の商学部長・大学院研究科長も務める教授は、米国の非認定大学「クレイトン大学」日本校の博士号を取得していたことを、大学院の学生募集要項に載せていた。この教授は92年に論文1本を提出し、240万円を払って学位を取得した。」

注5.産経新聞 2008.1.25

「“ニセ学位”の学部長辞任 九州産業大

 九州産業大(福岡市)は25日、公的機関による認定がない米国の大学の博士号を履歴書などに書いたとして、同大商学部長の教授(64)を厳重注意処分にするとともに、本人から提出されていた商学部長と大学院商学研究科長の役職の辞任願を17日付で受理したと発表した。

 九産大によると、一部報道を受けて昨年11月に調査委員会を設置。聞き取りなどを行った結果、この教授は平成元年から4年まで公的に認定されていない米クレイトン大の日本校(東京)で指導を受けて論文を書き、経営学の博士号を取得して、教授採用時の履歴書などに書いていたことが分かった。

 教授は公に認められている正規の学位と思い込んでいたという。九産大は「博士号は教授採用の必須要件でないが、学位に関する認識が甘かった」とした上で、教授に今後、この博士号を一切使わないよう厳重注意した。」

http://sankei.jp.msn.com/life/education/080125/edc0801252237002-n1.htm

注6.西日本新聞 2008/01/25

「九産大 米非公認大学の博士号利用 商学部長が辞任

 九州産業大学(福岡市東区)は25日、大学院商学研究科長兼商学部長の秋山哲男教授(64)が役職を辞任したのに伴い、同日付で後任者を選出したと発表した。秋山教授は、米国で非公認とされたクレイトン大学の博士号を取得し、履歴書などに掲載していたことから責任を取って辞任したとみられる。大学側は15日付で秋山教授に対し、この博士号を今後一切使用しないように厳重注意していた。

 秋山教授によると、博士号を取得したのは1992年。「指導教授もいて、東京のオフィスに通って指導を受けながら論文を書いた」と説明。学費は年間60万円で、計240万円を支払ったという。96年に九産大教授に採用された際の履歴書にも記入していた。

 秋山教授の辞任について、同大は「学位問題に対する認識が甘かった。今後は教員などの採用にあたっては厳正に対応する」としている。」

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20080125/20080125_026.shtml

ギャラリー
  • 歳月
  • 学位記のなぞ
  • 学位記(卒業証書)と、成績証明書
  • 学位記(卒業証書)と、成績証明書
  • 学位記(卒業証書)と、成績証明書
  • 学位記(卒業証書)と、成績証明書
  • 成績証明書を読む
  • 新聞報道から
  • 新聞報道から
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント