石川県志賀町小泉町長の、「米国ウッドジュニアカレッジ卒業」(町長プロフィールによる)という学歴の真偽、「本当に卒業しているのか?」、については不可解なまま検察(金沢地方検察庁)の裁定が下されて、その後は何の情報も聞こえては来ないようである。

「真実なんかどうでもいいんだよ。終了終了」、といったところであろうか。

思えばこの件は、昨夏亡くなられた静岡県立大学の小島茂教授(Wiki)のほうに、町長の公示学歴に疑問を持つ志賀町有志の方が2010年夏頃に訪ねて来られ、小島教授より当方にも話があって色々調べ始めたりしたものであった。

いまやこの件は、小島教授が私に残していった遺品といった感じになってしまったろうか。

小島教授とは、2007年頃より所謂ディプロマミル・学位商法問題について種々交信していただき、私自身随分勉強になったものである。

かたやUCバークレイ(Wiki)で社会学博士号を取られた俊英の大学教授であり、当方は受験勉強の3日程もしたことの無い、学問の世界とは無縁の、飲んだくれおっさんの瘋癲であるから、教養も志操もまるで違うわけだが、分け隔てなく接して下さる方であった。

意見が違うことも勿論あり、相手のお立場も考えずの軽忽な物言いもするので、随分と脱力されたことも多かったことであろうし、或いはお命を縮めることもあったかと反省するのだが、これも浮世の出会いの芥と今は笑って許して戴くほかない。

小島教授と交信が始まった頃は、日本の大学教授の内にも怪しげな所謂ニセ学位を使う者が横行していた時代であった。

お互い共通のものがあったとすれば、
「日本は平気でウソを吐き他人を騙すことが当たり前の、三流の国家社会になってゆくのだろうか?
至誠や正直さを人生の大切なものとして生きた嘗ての日本人というのは消滅し、仕立ての良い背広、高級ブランド品を身に付け、高級車を乗り回してはいるが、中身は洋服を着た烏や鼠が、金よ銭よと鼻孔を膨らませて彷徨くばかり。
地道に努力を重ねる正直な者が指を差されて嘲られるような、そんな下衆の国家社会になってしまうのだろうか?」
という、漠然とした不安感と危機意識であったろうか。


☆小島茂教授の学位商法問題3部作。
遺作はさしずめ学位商法3兄弟といったところだが、狡猾なディプロマミル相手の小島教授の闘いに、多少なりとも参加・支援できたことは愉快な思い出である。
”末弟”となって終った「大学偽装」は、発刊前より交信戴いたものなので特に思い出深い。

032 (640x389)


池田憲彦元拓殖大学教授による追悼譜
小島茂教授を弔うの譜/かかる知識(arts)人ありき