毎日新聞にも記事が出ていたが。(引用下記)

”「大学を卒業していないことを裏付ける証拠が不十分」などとしている”、とあるのだが、金沢検察審査会は、金沢地検の担当検事が日米刑事共助条約に基いて、米国より入手した、小泉勝町長のウッド短大の「成績証明書」も当然証拠として審査しているのだろうから、成績証明書を見れば、学位を取得し卒業したのか?していなかったのか?は、一目瞭然なのだが(苦笑)。

卒業式に出席してベントウを喰ったとか、卒業アルバム、或いは学位記(卒業証書)といったものは、それ自体が、学位・卒業の根拠を証明するものではなく、該当学位取得・卒業に必要とされる単位や必修科目などの教科履修の記録が載った「成績証明書」が、唯一、正式の証明の根拠となるわけである。

成績証明書に学位取得・卒業の根拠が見られなければ、たとえ学位記を保有していたとしても、それが何所から発行されたものであっても、真正な学位とは見做されないこととなろう。(若し学位記が該短大より発行されたものであれば、故意性には差が生じよう。)

検察審査会というのは、国民の有権者のなかから11人を審査員として任命し、検察が独占する公訴権の行使に国民の民意を反映させて、その運用の適正を図るという制度だそうであるから、所謂普通の「おとうさん」や「おかあさん」がその視点で見て、不起訴とした検察官の処置が適正であったのか否かを判断するということになる。(検察審査会

学歴詐称の疑いを持たれ者は現職の町長なわけだが、自分の学歴を説明するのに、何ゆえに元検事の所謂”ヤメ検弁護士”を代理人に立てて証明せねばならないのか?

政治家であれば、普通の人以上に説明や説得力のある話は上手な筈であり、やはりそこには普通の人の感覚では、「何かしらおかしなもの」を感じるところではあるまいか?

当事案は制度の違う米国でのことであり、日本の感覚では理解や判断が難しいことも生じようが、それはそうゆことに詳しい文部科学省なり、大学なりで米国留学を扱っている方等の助言を請えばよいことである。

小さな症状の陰には時として大きな病魔が潜んでいることがある。

検察審査会の「おとうさん」「おかあさん」は、”チョッとおかしな症状”に敏感であるべきだろうか。

金沢検察審査会は一体何を審査しているのかッ!

と、ここで私がぶつぶつ言っても通じないので、一国民としては、金沢検察審査会に御注進申し上げねばならないわけだろうが、金沢検察審査会というのは検索しても、住所・電話番号は出てくるが、eメールやFaxなどは見当たらないようである。

今どき”飛脚”のみに通信を頼るというのは、随分と不便なものである。

どなたか、金沢検察審査会の近くにお住まいの方でもいたら、下記ページ辺りをプリントして、「重大な事実誤認の可能性があります」ということで、同審査会に届けてくれないだろうか?

勿論記述内容の責任については全て私にあることであり、”検察審査会への直訴は、死罪に処す”ということでもあれば、私にその責があることである。

尤も、そうゆう外部からの意見みたいなものが受け付けてもらえるものなのかどうか?解らないが・・・

§

http://d.hatena.ne.jp/Bandoalpha/20120620

§

金沢検察審査会

〒920-0937

石川県金沢市丸の内7-2

電話:076-262-4464

*金沢地方裁判所の中?に所在するようである。

§

◇◇◇引用:毎日新聞記事

志賀町長学歴問題:小泉町長の処分「不起訴は相当」−−金沢検察審査会 /石川

毎日新聞 2012年06月27日 地方版

 学歴を詐称したとして、公職選挙法違反(虚偽事項の公表)の疑いで告発された志賀町の小泉勝町長について26日までに、金沢地検が不起訴処分(容疑なし)とし、地検の処分を審議していた金沢検察審査会は「検察の不起訴は相当」と議決していたことが分かった。

 同審査会は議決の理由を「大学を卒業していないことを)裏付ける証拠が不十分」などとしている。小泉町長は09年の町長選で、最終学歴を米国の「ウッドジュニアカレッジ卒」として当選。その後、町民が「卒業した事実がないのに、ビラなどに(卒業したと)虚偽を記載し配布した」として金沢地検に告発。同地検の不起訴処分後、申し立てを受け同審査会で審議していた。

http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20120627ddlk17010639000c.html

◇◇◇