ハワイでのイオンド裁判の法廷審理は、10月14(火)、15(水)、16日(木)に亘って開かれている。

イオンドからは”イオンド大学学長”の清水徹(又の名をジェームス T. 清水)被告と、中野幾雄被告がハワイに出向き、出廷していたようだ。

審理は14日と15日は8時半から午後3時。16日は8時半から正午までなので、実質2.5日であり、比較的短かった印象である。

州当局のブラントン弁護士の提示した参考証拠や召喚参考人供述に関しては別段の反論もなく、確認されているようである。

予め当局によって調査が為されている事項であり、否定のしようもないのだろう。

16日に「法廷は明日10:00に”Decision”を告知する」旨出ているので、17日(金)の10時(日本時間18日05:00)に、口頭での略式通告のようなものがあったのだろう。 正式の判決文というのはもう暫くかかるようである。

清水徹被告と中野幾雄被告は今回、「INTERPRETER」ー通訳ーを付けていることがわかる。

ハワイ州でも、英語の理解に問題がある場合や手話などが必要な場合は、ヘルプを頼む事が出来るようになっている。  http://www.courts.state.hi.us/courtinterpreting

米国で仕事をしていると、生産物責任や或は人事上の問題などで、訴訟というのは避けて通れないところがある。

私も何度か訴訟(残念乍ら、専ら訴えられる側だが)を担当し、法廷に立ったり、当局の”事情聴取”に応じたりしたことがあったが、通訳というのは頼んだことがない。

別段英語が素晴らしく出来るわけでもなく、発音は東北訛りであるから、聞く方には大変気の毒とは思うのだが、拙くても、自分の考えを媒介せず、直接伝える必要があると思うからである。

法廷での”演説”のようなことは弁護士がやるのであり、こちらは事実の確認に関することが主体になるから普通はそれで十分なのだ。

通訳は州に登録されている中から頼むようになるのだが、通訳者のスキルを疑うわけではないのだが、日本語というのは時に表現が曖昧で通訳に難しいところがある。

現地米人社員が、日本人幹部になにか提案をした時に、「考えておこう(I will think about.)」との日本人幹部の返答に、米人社員はすっかり自分の提案が受け入れらたものと考え、大喜びしたが、日本人幹部としては、提案の事実上の「却下」を婉曲に言っているだけだった。 という笑い話があるが、リスクの伴うシリアスな訴訟の場で、あらぬ誤訳から万一にも悪い結果を招いたのでは、悔やんでも悔やみ切れまい。

通訳を介することで韜晦の戦術を取るというのがあるのかどうか知らないが、たしか中野幾雄被告は英語教育でメシを喰っていたと思ったが? あまりに自分の仕事へのプライドとか、自分自身の矜持といったものに欠けているように思うのだが。

法廷で職業を聞かれたときに、

中野幾雄: 「教授です。 英語の。」

清水徹: 「大学の学長です。 アメリカの大学の。」

と、

二人は英語の通訳者を通して答えたのであろうか?

思わずコップの水を噴いてしまいそうだが、こうゆう問答を真面目な顔で聞かねばならない裁判官というのも大変な職業だと思う。

*****

以下、Ho'ohiki(http://hoohiki2.courts.state.hi.us/jud/Hoohiki/main.htm)議事録より。

<OCT 14 2008>

Case Title: STATE OF HAWAII VS IOND UNIVERSITY 1CCO7-1-001671

Div.: 1C14 CV DATE: 10-142008 Time: 0830A Priority: 0 Judge I.D.: JGWBCHA

Video No.: Audio No,:

Minutes:*** COURT REPORTER: LAHELA KAMALANI-MOE ***

  • JEFFREY BRUNTON & MICHAEL MORIYAMA FOR PLTF
  • ROBERT KAWAMURA FOR DEFTS WITH DEFT IKUO NAKANO.

TOHRU SHIMIZU, DEFT REPRESENTATIVE. AND KAZUO

SAWADA, INTERPRETER

8:32 CASE CALLED, APPEARANCES NOTED.

MR. BRUNTON INFORMED THE COURT THAT PARTIES

AGREED TO STIPULATE RE EXHIBITS.

8:34 MR. BRUNTON INFORMED THE COURT RE

WITNESSES. MR. KAWAMURA HAD NO OBJECTION.

8:35 PARTIES AGREED TO WAIVE OPENING STATEMENTS.

8:37 PLTF’S EXHS 1 TO 15, INCLUSIVE; 23: 24:28

TO 41, INCLUSIVE: 43; 44; 46; 47; 49; 51 TO 53,

INCLUSIVE: 55 TO 62. INCLUSIVE; 78 TO 80.

INCLUSIVE; 82; 83; 86 TO 90, INCLUSIVE; 94 TO 103,

INCLUSIVE: 106 AND 107 RECD BY STIPULATION,

8:38 DEFTS’ EXHS A-1 TO A-49. INCLUSIVE; A-60;

A-62 TO A-73, INCLUSIVE; A-76 AND A-82 RECD BY

STIPULATION.

8:39-8:58 PLTF CALLED HIDEYUKI TAKAHASHI TO

TESTIFY.

8:59-9:06 PLTF CALLED DONALD HIDANI TO TESTIFY.

9:06 RECESS.

9:07 COURT WENT BACK ON THE RECORD. COURT NOTED

PRESENCE OF ALL COUNSEL AND DEFT REPRESENTATIVES.

9:07-9:20 FURTHER TESTIMONY OF MR. HIDANI.

9:20-9:30 PLTF CALLED ALLEN ARAKAKI TO TESTIFY.

9:31 RECESS.

9:42 COURT RECONVENED, ALL PARTIES PRESENT.

9:42-10:11 PLTF CALLED JEFFREY PIPER TO TESTIFY.

10:11-10:45 PLTF CALLED CLAUDETTE KANAE TO

TESTIFY.

10:45 RECESS.

10:57 COURT RECONVENED, ALL PARTIES PRESENT.

10:57-11:16 PLTF CALLED ARNOLD GARCIA TO TESTIFY.

11:16 PARTIES INFORMED THE COURT RE USE OF THE

TERM ‘STUDENT”.

11:17.11:46 PLTF CALLED JAMES DOOMAN TO TESTIFY.

11:20 PLTF’S EXH 48 REC’D, NO OBJECTION.

11:21 PLTS EXH 50 RECD. NO OBJECTION.

11:29 PLTF’S EXH 54 RECD NO OBJECTION.

11:30 PLTF’S EXH 27 RECD, NO OBJECTION.

11:46 PRELIMINARY MATTER SETTLED BETWEEN COURT

AND COUNSEL.

11:48 MR. BRUNTON FOR PLTF RESTED.

11:48 PRELIMINARY MATTER SETTLED BETWEEN COURT

AND COUNSEL.

11:48 RECESS.

1:28 COURT RECONVENED, ALL PARTIES PRESENT.

1:28 INTERPRETER’S OATH ADMINISTERED TO KAZUO

SAWADA FOR DEFT.

1:30-2:01 DEFTS CALLED IKUO NAKANO TO TESTIFY.

2:01 RECESS.

2:13 COURT RECONVENED. ALL PARTIES PRESENT.

2:13-3:01 FURTHER TESTIMONY OF MR. NAKANO.

3:01 PRELIMINARY MATTER SETTLED BETWEEN COURT

AND COUNSEL.

3:02 CONCLUDED.

<OCT 15 2008>

  • JEFFREY BRUNTON & MICHAEL MORIYAMA FOR PLTF
  • ROBERT KAWAMURA FOR DEFTS WITH DEFT IKUO NAKANO,

TOHRU SHIMIZU. DEFT REPRESENTATIVE, AND KAZUO

SAWADA, INTERPRETER

8:25 CASE CALLED. APPEARANCES NOTED.

8:25-9:34 FURTHER TSTIMONY OF MR IKUO NAKANO.

9:34 RECESS.

9:47 COURT RECONVENED, ALL PARTIES PRESENT.

9:47-10:53 FURTHER TESTIMONY OF MR. NAKANO.

9:51 PLTF’S EXH 64 REC’D, NO OBJECTION.

10:33 PLTF’S EXH 26 REC’D. NO OBJECTION.

10:53 RECESS.

11:07 COURT RECONVENED, ALL PARTIES PRESENT.

11:07-11:22 FURTHER TESTIMONY OF MR. NAIKANO.

11:23-11:29 DEFTS CALLED TOHRU SHIMIZU TO

TESTIFY.

11:30 DEFTS EXHS A-23 & A-30 WITHDRAWN BY

AGREEMENT.

11:30 PRELIMINARY MATTER SETTLED BETWEEN COURT

AND COUNSEL.

11:31 RECESS.

2:01 COURT RECONVENED ALL PARTIES PRESENT.

2:01-3:00 FURTHER TESTIMONY OF MR. SHIMIZU.

3:00 PRELIMINARY MATTER SETTLED BE1V’JEEN COURT

AND COUNSEL.

3:01 CONCLUDED.

<OCT 16 2008>

  • JEFFREY BRUNTON & MICHAEL MORIYAMA FOR PLTF
  • ROBERT KAWAMURA FOR DEFTS WITH DEFT IKUO NAKANO.

TOHRU SHIMIZU, DEFT REPRESENTATIVE. AND AYANO

HARA, INTERPRETER

8:39 CASE CALLED, APPEARANCES NOTED.

8:39 INTERPRETER’S OATH ADMINISTERED TO AYANO

HARA FOR DEFTS.

8:39-9:44 FURTHER TESTIMONY OF MR. TOHRU

SHIMIZU.

9:44 RECESS.

9:57 COURT RECONVENED, ALL PARTIES PRESENT.

9:57-I0:54 FURTHER TESTIMONY OF MR. SHIMIZU.

11:07 COURT RECONVENED. ALL PARTIES PRESENT.

11:07-11:34 FURTHER TESTIMONY OF PROFESSOR

SHIMIZU.

11:34 COURT NOTED RE REVIEWING CREDENTIALS AND

MR. NAKANO SHOULD HAVE BEEN REFERRED TO AS

PROFESSOR NAKANO.

11:34 MR. KAWAMURA FOR DEFTS RESTED.

11:34 MR. BRUNTON FOR PLTF HAD NO REBUTTAL.

11:35 CLOSING ARGUMENTS BY MR. BRUNTON

11:54 CLOSING ARGUMENTS BY MR. KAWAMURA.

11:55 COURT NOTED THAT DEFTS CARRIED THE DAY RE

:446E CLAIM.

11:55 MR. KAWAMURA CONTINUED WITH HIS CLOSING

ARGUMENTS.

12:04 MR. BRUNTON HAD NO REBUTTAL ARGUMENT.

12:05 COURT TO ANNOUNCE ITS DECISION TOMORROW AT

10:00 A.M. COURT ADDRESSED THE PARTIES AND

COUNSEL. COUNSEL TO WITHDRAW EXHIBITS NOT

RECEIVED IN EVIDENCE. MATTER SUBMITTED.

12:07 CONCLUDED.

*****