イオンド大学ハワイのホームページを覗いて見た。

http://www.iond-univ.org/hawaii/index.html

最初に飛び込んでくるのがブッシュ大統領とホワイトハウスの写真を使った”NEWS FLASH”と称するもの。

”教育の自由と独立”を叫んでいるようだが、米国で現在の高等教育の認定制度が学問や研究の妨げになっているという話は聞かない。イオンドは人生経験などを評価して学位や称号を発行しているのであり、そもそも高等教育なぞ提供してはいないのだ。

イオンドに対しても、空飛ぶ円盤の研究をしてはいけないとか、なにを教育してはいけない、とはどこの政府も言ってはいない筈である。

イオンドが言いたいのは、”学位発行の自由”であろう。

関係のない余計なことが長々と書いてある。

次に、「イオンドは”ハーバードと同じ”非課税団体である」という宣伝文句。

そしてやっと、ハワイ州法で非認定教育機関に表示が義務付けられている「イオンド大学は教育省が認めた認定団体による認定は受けていない。この学位は社会で通じないかも・・・」という下記表記が出てくる。

「IOND UNIVERSITY IS NOT ACCREDITED BY AN ACCREDITING AGENCY RECOGNIZED BY THE UNITED STATES

SECRETARY OF EDUCATION

Note: In the United States, many licensing authorities require accredited degrees as the basis for eligibility for licensing. In some cases, accredited colleges may not accept for transfer courses and degrees completed at unaccredited colleges and some employers may require an accredited degree as a basis for eligibility for employment.

Pursuant to Hawaii law, we are prohibited from issuing degrees unless, during each academic year in which a student is enrolled, at least 25 students are enrolled in Hawaii. Therefore, there can be no assurance that IOND University can issue degrees, as degree issuance will be subject to continuing compliance with such requirement.」

ちなみに、ハワイ州法446E-2で表記が義務付けられている文言とは下記のものである(The disclosure shall read as follows:)

「(Name of Degree Granting Institution) IS NOT ACCREDITEDBY AN ACCREDITING AGENCY RECOGNIZED BY THE UNITED STATES SECRETARY OF EDUCATION.

Note: In the United States, many licensing authorities require accredited degrees as the basis for eligibility for licensing. In some cases, accredited colleges may not accept for transfer courses and degrees completed at unaccredited colleges, and some employers may require an accredited degree as a basis for eligibility for employment.」

http://www.capitol.hawaii.gov/hrscurrent/Vol10_Ch0436-0474/HRS0446E/HRS_0446E-0002.HTM

イオンドの表記には余計な文言が付け加えられており、これでは話のポイントが分散してしまう。

何でも書けばよいと言うものではない。

州法の主旨を理解し規定に則っているとはいえないであろう。

この表記の下には、「政府機関は高等教育とその活動に関して何時如何なる規制もすべきではない」との州法を真っ向から否定するようなイオンドの主張が、上記446-E2の文言よりも大きな字で記されている。

「 Under no circumstances should, IOND University believes, higher education and its relevant activities be controlled in any form by the government or its accredited organs. IOND University has been striving to keep the higher education completely free and independent in coping with the power against such freedom.」

州法446E-2項では非認定であることの表示について、字の大きさについても規定されている(The disclosure shall be made in a type size as large or larger than any other text)、これも規定に外れていると言える。ポイントは「見る方が一目でわかる様な適切な配慮がされた表示」であることだが(shall be presented in a manner reasonably calculated to draw the attention of the reader.)、とてもそのような配慮がされた表示とは言えまい。

ホームページを一瞥しただけでもイオンドが当該ハワイ州法を尊守しているようには見えない。どころか、その態度はむしろ挑戦的ですらある。

その他諸々の州法に違反する事項については公判の過程で明らかにされていくことと思うが、何より重要な点は、イオンドはハワイ州に於いて教育活動の実績が無いばかりか、「ハワイ州の米国の大学」の名を騙り、利用して、日本に於いて学位・称号の販売行為をしてきたという事実の重みであろう。