イオンドはポーランド国立ウッジ大学と「学術提携校」であり「姉妹校」であると宣言し、表示している。

http://www.iond-univ.org/old-log/2007.05.01.htm

ウッジ大学であるが

同大学の INTERNATIONAL RELATIONS OFFICE の ACADEMIC AGREEMENTS 項目で INSTITUTIONAL LEVEL や FACULTY LEVEL を探して見ても”イオンド大学”などという名前は出てこない。

http://www.zagranica.uni.lodz.pl/bwz_en.htm

ウッジ大学はポーランドで戦後すぐ再興された由緒ある大学のようで、国際学術提携先を見てもいずれも相応な大学ばかりのようである。

”イオンド大学”と言うのはハワイ州において「IOND University」という名称の法人が登録されているだけであり、ハワイ州は教育機関としての大学としては許可も認定もしていない。http://primeguard.hawaii.gov/ocp/udgi/regulation

米国の大学としての評価や認定は何ら受けていないのであり、日本の大学でも勿論ない。

「学術提携」や「姉妹校」というのは法律で規定されているものではないだろうから、どんな相手と提携しても法に触れるという話ではないだろうが、大学の内規はあるのだろうし、やはり相応しい相手というのはあるだろう。

イオンドのハワイ校サイトにはウッジ大学との学術提携については何らの表記もないし、イオンドは「Uniwersytetem IOND w Tokio, Japoniaー日本の大学」としてウッジ大学に提携話を持ち込んでいたものと思われる。

http://www.uni.lodz.pl/bip/uchwaly.php?typ=1&id=1703

ウッジ大は既に米国の大学とは学術提携があるし、日本の大学とは未だ提携は無かった事もあるだろうか。

イオンドの提携話のウッジ側の窓口になっていたのはprof. Jolanta Młodawska 女史とのことだが、

http://homepage3.nifty.com/kubota1407/

Jolanta Młodawska教授は近代日本経済が専門のようであり、関連の著書などもあるようでその分野では活躍されていた方のようである。

http://alejka.pl/japonia_panstwo_a_sektor_prywatny.html

http://www.nbp.pl/homen.aspx?f=en/publikacje/inne/bank_i_kredyt/2003_07/mlodawska.html

在ポーランド日本大使館での日本文化交流でも世話役として活躍されていたようだ。

http://www.pl.emb-japan.go.jp/news/j_060702y.htm

日本通であり、親日家なのであろう。

そこにイオンドが付け入って、かの教授も話しに乗ったものと思われるが、ウッジ大にしてみれば、これがマサカの「”University”という名前の只の法人だったとは!」というところか。

提携先の基本情報のチェックを怠っていたということはあるだろうが、親日家の教授の仲介で脇が甘くなっていたものだろうか。

静岡県立大学の小島教授のコンタクトがなければ、ウッジ大学は危うく世界に恥を晒していたところであったろう。

イオンドは「ポーランド国立ウッジ大学」という名声を商売に利用しようということだろうが、

「日本の大学」を騙ってウッジ大学に学術提携話を持ちかけていたとすれば、これはなかなか大胆な犯行ということになる。

こうゆう事は例え一時は、”日本の大学”と騙せたとしても、ウッジ大学側もいずれは事実に気が付いたであろうし、なんともポーランドの大学を愚弄した行為である。

日本に興味を持つポーランド人の間には、こうゆう話は意外と広まるものであろうし、今まで邦人が永年に亘り積み重ね築いてきたであろう、日本と日本人への信頼を傷つけることは大きいのではあるまいか。

イオンドは、「ウッジ大学の内部において、意見の相違があるらしく、」(http://iond-univ.org/hibou/dangai.htm)などとしながらも、ウッジ大学との「学術提携校」「姉妹校」との表示を平然とした儘である。